ヨガクリア

現在、まんなかヨガスタジオではジャンネティが受けられます。

ジャンネティ(鼻うがい)


●料金 

 1500円(ポット代3500円別途かかります)


●やり方

ポットにぬるま湯と塩を適量入れます。
※ポットに入ったぬるま湯が、鼻に痛みもなくすんなり入っていく程度の水温と適量の塩を入れます。
ツンとしたら、水温と塩の量を調整してやり直します。
鼻うがいが終わるまでは全て、口呼吸です。
まずポットの先を左の鼻に入れお顔を右に少し傾けます。
鼻の中を水が通る感じを見ていくと右の鼻から水が出てきます。
口で息をし続け、特に吐くときは口まわりの力を抜くようにしましょう。
鼻の周りが緩み水の出る量が多くなります。
ポット一杯分が終わったら、もう一度ぬるま湯と塩をポットに入れます。
次に右の鼻にポットの先を入れ、同じように口で息をしながら右の鼻から左の鼻へ水を通します。
ポットの水を出し切ったら、口で息をしながら立ち上がり手を腰の後ろで組んで口で息を吸い左の頬を下にして鼻腔に溜まった水を鼻息で出します。
次に右の頬を下にして口から息を吸い鼻から吐く。
これを繰り返し4回行い終了です。
※週に2回程度行います。

●効果

アレルギー性鼻炎や花粉症の改善だけでなく、視力の改善、てんかん、喉の痛み、鼻の通り、ニキビ、頭痛、耳の痛みなど心理面からくる異常症状も改善します。
取り込む酸素の量が大幅に増えますので、疲れにくくなり、頭もスッキリ、長く続ければお腹も強くなっていきます。
鼻腔内の環境が改善するので、呼吸が楽になります。
プラナヤマを行う際にもいい効果を感じやすくなります。
ヨガをする全ての人に必要なクリヤです。

●注意

ポットの水が眉間へ入りツンとするのは危険です。
そうなったら、その日は終了です。中に入った水が降りてくるまでやらないでください。
ジャンネティは朝一番にするのが理想です。せめて午前中に行いましょう。夜寝る前にしてはいけません。
鼻腔に水が入ったまま寝てしまえばその水は頭部の奥深くに入り込み、出てこなくなります。
風邪や花粉症、鼻炎がひどいときもしません。
このとき、上手くやれば症状の改善になりますが間違えば病気の元となります。
もしする場合はジャンネティに精通した指導者の下でするようにしてください。
頻度
できるだけ定期的に。
週に1、2回は行う。

●ネティポット 3500円

【ジャンネティの方法 動画】